困らない切手買取術


[記事を書く]
[月別]
[更新アラート]
2017年08月24日(木)
【買い取ってもらう予定で切手を業者に査定しても】
買い取ってもらう予定で切手を業者に査定してもらっても、査定額が予想と異なっていたり、思い出のある切手だったりして、やっぱり、家で保管したいと思うようになることもないとは言い切れません。


評価してもらってから買取ってもらうのをやめる場合でも、キャンセルの代金を請求しないような業者も存在します。


買取の申し込みをする前に、見てもらうだけでお金がかかるのかどうか、キャンセルを査定の後にしたい時に、代金を取られるかというようなことを分かっておくべきです。


切手集めを趣味とする人は多いので希少な切手は高い値がつきます。


切手買取の専門店は至るところにあって乱立しているのが現状で少し考えてみただけでも市場のスケールが大きいことを推測できるでしょう。


当然ながら、インターネットの普及は取引市場がネットを介していっそう拡大し、切手売買はもっと盛んになるでしょう。


世の中には切手を集めたいがために買う人がいるということを発行者もよくわかっており、切手というものにはそこまで発行費用が高いわけではないこともあり、何かにつけて記念切手が発行されることは多いです。


その様な部類の記念切手は高価買取される場合もありますが記念切手ではあるけれどもさほど珍しいものではなかった場合、そんなに高値になることはありません。


高く売れるだろうと思い込まずに査定してもらうことをオススメします。


長い月日に渡って、ずっと切手集めをしている方にとっては買取してもらうということは自分の子との離別のような気持ちになってしまうのかもしれません。


どうせ離れ離れになってしまうのなら、出来るだけ高額買取可能なところを探した方が賢明です。


手離す切手にとってもその方が、本望だろうと思うからです。


お住まいに送られてきた郵便物にあっと驚くような使用してある切手が高価値の場合があります。


そうした切手は是非業者に売りに出しましょう。


たとえ消印が押してあっても問題はないですが、全く使っていない切手と比べると売れる値段は安くなります。


希少価値の高い切手を持っているのなら、買取に出しましょう。


お値打ちの切手が潜んでいる可能性もありますよ。


03:54
2017年08月23日(水)
【梅雨時になると心配なのがカビ】
梅雨時になると心配なのがカビです。


幸いなことに今年は被害も少なく掃除は終わり、と思っていたら、父が生きていたころにまめに整理をしていたバラの切手やシート、記念切手等、数冊のいろいろな種類の切手アルバムが出てきたんです。


ぱっと見た感じ傷んではいないようですが、この状態でうちで保管し続けたとしても劣化が心配です。


近いうちに買取に出したとしても許してもらえる時期でしょうかね。


切手は一度使ってしまったら、もう買い取ってはもらえないだろうと予想されている方が多いかと思いますが本当は予想外の結果になるかもしれません。


中でも古くていい状態で保管されていたものでコレクターの中で需要の高いものであると既に使用してしまった切手であろうとも買取に応じてもらえる場合があります。


もしもあなたの自宅にそんな切手があれば、一か八か、切手を買取ってくれるような業者に問い合わせをしてみることをすすめます。


「切手を売りたいなあ」と思い立った時は、とりあえずは、よくよく調べて、買取業者の中でも高く買い取りしているところを見つけるのが上手な進め方です。


インターネット上に口コミが投稿されているので、役立ててください。


生の意見が書いてあり、どこの業者を選んでいいか分からないときに参考にすることが出来ます。


加えて、本当に信じていい業者なのかどうかについての大切な情報の一つにもなるためさまざまなサイトに目を通すことがベターです。


出来るだけ切手を高く買い取ってもらいたければきれいな状態で汚れていない方がその分、高く売れます。


ですので、保管状態は良好に保ち、切手は取扱いの際にはピンセットを使うなど、取扱いは丁寧に、保存状態は良好に保ちましょう。


普段から保管方法に配慮して汚れてしまわないよう留意することが必要です。


切手を買取してもらいたいという場合には業者に赴くという方法と、インターネットを利用して行う場合があります。


店頭に直接赴く場合、時間や手間がかかってしまいますがその日のうちに売買成立というメリットがあります。


しかし、業者ごとに買取額が違っていますから、「高く売りたい」というのならネットを使った方が良いと思います


02:24
2017年08月22日(火)
【例年、梅雨の時期になるとカビのことが気】
例年、梅雨の時期になるとカビのことが気がかりです。


幸いなことに今年は被害も少なく掃除は終わり、と思っていたら、生前の父がこまめに集めていた様々なシートや記念切手、バラなど、たくさんの種類の切手アルバムを何冊か見つけ出しました。


見かけ上、傷みはないようですが、この状態で自宅で保存していても質の低下が心配です。


もうそろそろ、買取に出したとしても許してもらえる時期が来たと言えるのでしょうか。


もしも、切手を買い取ってもらおうと思う場合、特に記念切手や外国切手のような希少価値の高いものでなくたって大丈夫です。


普通の切手も買い取り対象で、それどころか、他の種類の切手と比べて、レートが高いぐらいです。


中でも、額面が1000円、あるいは、普通によく見られる82円の切手シートは、仕事の場面で高い需要があります。


消費税率が上がると、必要となる切手料金も上がるので、最新の普通切手であった方が、より高く売ることが出来ます。


不要な切手をシートで持っているなら切手専門業者に買い取ってもらうのが高く売れる可能性が大です。


どのくらいの価値があるか正しく見積もってくれますし、高く売れるものはその価値に見合った買取をします。


金券ショップなども、切手を買取しますと掲げていますが、多くの業者は切手の専門知識や売却ルートを持っておらず、額面はいくらか、保管状態はいいかだけを見て買取価格を出すしかないので価値のある切手でも、他のものと同じ価格でしか売れません。


年賀はがきでお年玉くじの番号を調べると、だいたい毎年切手が当たるので使うことがなく、貯まっていくばかりでした。


私は、はがきを使うことはあっても封書は出さないので、切手を貼るような郵便は出さないまま、切手を貯めておいても仕方ないと思いました。


金券ショップで切手を売れると知って、貯めておいた切手を休みの日に持っていきました。


身分証明書の提示の他、書類を読んで署名させられましたが、思っていたよりもいい値段で売れたのでちょっと嬉しくなりました。


良い状態で保管されていたような、過去の記念切手だったりすると、びっくりするような値段で買い取られることもあるといいます。


そういったレアな切手では、最初に鑑定買取をお勧めします。


店先は当然として、ネットを利用することも可能で、価格が分かった上で、売るか否か決定することが可能です。


01:30
2017年08月21日(月)
【切手の中に、グリーティング切手というものが】
切手の中に、グリーティング切手というものがあります。


この切手はキャラクターがプリントしてあったり、特別な装飾がされているような切手のことを言います。


形についても普通の切手とは違っていて様々なものがあります。


郵便物がこれの存在で華やかになる効果もありますし、切手収集をする人にとっても需要が高いものなので、とても人気も高く、高値で買い取られることも多いです。


外国の切手は実用的ではないですが、日本では見ないような独特のデザインであることから、一部では人気が高く、実は集めている人が多い切手だと言えます。


そういう訳で、買い取ってくれるようなお店も多数存在してはいますが、価値が高いものでなかったときや、無秩序に集められただけの物であった場合は、受け入れられないことも多いです。


業者に切手を売るとき、注意すべき点は悪徳業者に当たらないようにするという事でしょう。


悪徳な業者の場合、こちらがよく知らないということを利用し、普通よりかなり安く買い取ろうとしてきます。


間違いなく見分けるというのは並大抵のことではありませんが、事前準備として、評判がどうなのか調べておくと、悪い業者に引っかかりにくくなると思います。


切手の買取を申し込んだ後、考えていた値段と買取額にズレがある場合や、印象深い切手であった場合に、結局、家で保管したいと思うようになることもないとは言い切れません。


見てもらって値段がついてから取り消すという際にもキャンセル料は必要ないという業者もあります。


買取の手続きをする場合はあらかじめ、査定するだけで料金が発生するのか否か買取をキャンセルすると取消料を取られるか、といったことを把握しておいた方がよいでしょう。


お年玉付き年賀はがきの末等が当たり、気がつくと意外に貯まっていました。


日頃から懸賞などではがきを使いますが、年賀切手を貼るような文書はなく、切手は使わないままだったのです。


金券ショップなら切手も買い取ってくれると知り、今まで貯まっていた年賀切手をまとめて持って行きました。


運転免許証を見せなければなりませんでしたが、全部換金できたのでちょっと嬉しくなりました。


00:48
2017年08月19日(土)
【切手のうち旧価格の物を持っていて】
切手のうち旧価格の物を持っていて、新料金の切手に交換しようとするとき、その差額以外に、別途で手数料を払わなければなりません。


10円以上の切手であれば5円が、1枚当たりの手数料となり、10円未満の切手では、二つを足した額の半分が手数料となります。


新規に購入してしまった方が、結果的に得をすることもあるでしょうし、下手をすると切手買取の業者に売った方がいい結果になることもあるといえます。


切手というのはコレクターがいて、その人たちからの需要が大きいということを発行者側は重々承知しており、切手自体はそこまで発行費用が高いわけではないこともあり、記念切手は何かと発行されやすいです。


その類の記念切手というのは高価買取される場合もありますが単に記念切手というだけで、簡単に手に入るものはそんなに高値になることはありません。


あまり期待しない方がいいですね。


レアな切手や、各種付加価値ありの切手は、手元に置くより現金化したいとしたら現状が良いか悪いかで買取価格に大きく差が出るのは確かです。


ですから、現状を保って有利に交渉してマニアの間で価値があると思われる切手を売ろうと考えているなら切手の保管状況はどうなっているか、十分工夫して、いい状態を維持しましょう。


実際に切手を買取してもらう場合、切手を買取してくれる業者に直接行くだけでなく宅配買取という方法もあるのです。


その場合、送料無料になったり、買取業者の中には梱包材まで準備してくれるところも多いです。


けれども、ある程度の量を買取に出すという場合でなければ、あてはまらないこともありますから、注意しなければなりません。


大体のケースではその切手の状態の如何により額面の金額より数パーセント引いた額が切手買取の値段として支払われます。


ただし、切手の中には希少なものもあり、そういう場合はコレクターの中で高く評価されていてそれ以上の値段が付くことも多いです。


どのくらいの価値があるのか分からない様な切手を買い取ってもらいたい時には、インターネットを参考にするか、切手を買い取ってくれる業者に査定を依頼しましょう。


23:06
2017年08月18日(金)
【額面以上の価格で売れる切手は、業?に売って】
額面以上の価格で売れる切手は、業?に売ってみようと思うかもしれませんが、同じものでも、状態の良し悪しをみて当然ながら、買取価格がかなり変わります。


それならば、入手したときの状態を保って精一杯の値段で手持ちの切手を売ることに挑戦するならば、どのように保管していけば一番いいか、売る時のことを考え、気を遣ってください。


切手の中に、グリーティング切手というものがあります。


この切手はよく知られたキャラクターがデザインしてあったり、装飾の切手を指します。


形状についても一般の切手とは違い、様々なものがあります。


普通の郵便物もにぎやかになる効果もありコレクション的な需要が高いということも相まって人気ですので、高額での買取の可能性もあるでしょう。


例えばあなたが切手を売りたいなら、真っ先によくよく調べて、買取業者の中でも高く買い取りしているところを見つけるのが上手な進め方です。


インターネット上に口コミが投稿されているので、役立ててください。


生の意見が書いてあり、どの業者を選んでいいか分からない人にとっての助けになります。


なお、怪しい業者ではないかどうかの貴重な根拠にもなり得ますのでさまざまなサイトに目を通すことがベターです。


切手を売るときは出来るだけ高く売りたいですよね。


そんな時には、金券ショップのようなところではなくて、専門の買取業者を選択するということが、不可欠です。


選択の際、注目すべき点は、評判をネットなどで調べてみて、評判のいいお店を何カ所かセレクトし、その業者一つ一つに評価してもらって、査定額が高かったところに決めるというプロセスを踏むのがお勧めです。


切手を収集する人がいるという事を発行者もよくわかっており、切手自体はそんなに作るのが難しくもないので何かにつけて記念切手が発行されることは多いです。


そういった形で発行された記念切手は買取価格が高い値段になることもよくありますが記念切手ではあるけれどもさほど珍しいものではなかった場合、そこまで高く買い取られることはないでしょう。


あまり期待しない方がいいですね。


21:12
2017年08月17日(木)
【通例では買い取る切手がどういう状態で】
通例では買い取る切手がどういう状態であるかをよく見て、額面よりも安くなった金額が切手の買取価格となります。


ただ、収集家にとって価値のある切手なら、金額が跳ね上がることもあります。


「切手の価値なんか分からない!けどこの切手売りたい!」という方は、パソコンを使って調べたり、価値判断を切手買取業者に委ねましょう。


普通、切手の買取と言えば、買取してもらう予定の切手を持って業者に赴くという方法が主でしたが、昨今は、ニーズに応えて買取の際の出張や、宅配も行う業者もよくあります。


たくさんの切手を売りたいという時に、店に持っていくだけでも大変です。


それだけでなく、買取のお店から距離のあるところに住んでいらっしゃる場合、時間と交通費を抑える意味でも買取の際、出張してきてくれたり、宅配を利用して買取してくれたりという業者を使わない手はないと思います。


切手収集が趣味だった方の遺留品が残っていたり、使わない切手をお持ちなら、「そうだ、切手を買い取ってもらおう」と思い立つ人も中にはいるでしょう。


その様な場合に、買い取ってもらう業者をどのようにして選択したら正解なのかです。


よほどの専門家でなければ、大体の方にとって分からない世界だと思いますから、実際に行われた切手買取の実績と、口コミなんかもチェックしてみて業者選択を進めていきましょう。


切手のコレクションを売りに出すとき、気になることといえば買取の値段がどれくらいになるかですよね。


人気の高い切手だった場合、高く買い取られやすいので出来る限り高い値段で、切手を売りたければどのくらいニーズがあるかをきちんと知っておき、示された買取価格が適切かどうかを判断しなくてはならないでしょう。


大量に集めることが多い切手のようなものの場合、それらすべてを一回でお店で買い取ってもらおうとする時は査定にそれだけ時間がかかることになりかなりの時間待たなくてはならなくなることもあり得ます。


その点からいうと、インターネットを利用して切手査定を受けるという方法は、自宅で何をしていようと、手軽に手続きが出来て、大変便利な方法です。


21:12
2017年08月16日(水)
【切手を売るつもりで買取業者に評価してもらったにもかか】
切手を売るつもりで買取業者に評価してもらったにもかかわらず、査定額が予想と異なっていたり、思い出のある切手だったりして、結局、売るのはやめようと思いなおすことだってあるでしょう。


査定額が出た後に買い取ってもらうのを辞退したいという場合であっても業者によってはキャンセル料を取らないところもあります。


買い取ってもらいたい時は、事前に査定費用は掛かるのか、査定額を出してもらった後で取り消すときにお金を取られるか、といったことをしっかり確認しておきましょう。


お年玉付き年賀はがきの4等が当たるのは毎年のことで、気がつくと意外に貯まっていました。


日頃から懸賞などではがきを使いますが、切手を使う用件はないので、切手を使うことはないと気づきました。


不要な切手は金券ショップで換金できると知って、貯めておいた切手を休みの日に持っていきました。


運転免許証を見せ、書類にサインしましたが、郵便局ではがきに換えるよりはいいお金になったのでちょっと嬉しくなりました。


良好な状態で保管されていた、昔の記念切手なんかの場合、考えられない値段が買取の際につくことがあるようです。


そういった希少価値の高い切手では、第一に鑑定買取をお勧めします。


店舗だけではなく、ウェブを利用することもできて、値段を教えてもらってから、売却の是非を決定することが可能です。


いらない切手を処分したいのですが、買い取ってもらえるとしたらどのくらいの値がつくでしょうか。


シートなど、まとまった数があるので意外な価値があるかもしれず、額面より高く買ってもらえたらさて、何を買おうかと思って売り方を考えています。


希少価値があるのか、ほしい人がどのくらいいるのか、全然見当がつかないのです。


保管も面倒なので、早く売りたいです。


長い月日に渡って、切手収集を続けている人にとって、買取に出すことは、自分の子との離別のような感情になってしまうかもしれません。


どちらにしろ手放してしまうのであれば、出来るだけ高額買取可能なところを探すことをおすすめします。


そうした方が売りに出される切手にとっても喜ぶだろうと思います。


21:12
2017年08月15日(火)
【保存状態が良好な古い記念切手等の場合、買取価格が】
保存状態が良好な古い記念切手等の場合、買取価格が思いがけない価格になることもあるのです。


そういったレアな切手では、初めに鑑定をしている「鑑定買取」がいいと思います。


お店はもちろんですが、インターネットでもできて、値段を分かってから、売るかどうか決められます。


切手を売りたいのですけど、いったいいくらぐらいかと悩んでいます。


額面の合計も結構な金額なのでもしかしたら額面以上の価値もあるかなと、額面以上の値がつけばさて、何を買おうかと思ってどうやって相場を調べたらいいかと思ってます。


他の人にとってどれだけ必要なものなのか、業者がみないとわかりませんよね。


換金するなら一日でも早くしたいものです。


殆どの切手買取業者では、プレミア切手という呼び名の切手の買取も承っています。


それでは、プレミア切手とは何かというと、切手の中でも、明治・大正・昭和戦前戦後の頃のものをそう呼び、「見返り美人」と「月に雁」が名高いです。


めったにないものなので、たとえシートでなくバラだったとしても買取価格が高くなる可能性もないとは言えません。


切手というものはコレクションとしてほしがる人が多いということを発行する立場にある人も理解していて切手自体はそんなに作るのが難しくもないので何らかの記念切手が発行されることは多いです。


そういう風な経緯で発行された記念切手というものは高価買取が実現することもままありますが手に入りやすいものだった時には買取価格が高くなることはあまりないでしょう。


期待はせずに査定してもらってください。


もしバラの切手であっても買取はしてもらえるのですね。


よく知らなかったのですが、切手買取時の台紙に貼りつけ方について調べてみたところ適当にではなく綺麗に並べていないと認めてもらえない様で難しそうに思えます。


だけれども、買取額がより高くなるのは貼りつけてある方であるならば、せっかくならやってみようかなという気になります。


20:36
2017年08月14日(月)
【グリーティング切手というものは、キャラクターが】
グリーティング切手というものは、キャラクターがプリントしてあったり、装飾が施されているような切手です。


形についても普通の切手とは違っていて多種多様です。


通常の郵便物もこれがあるだけで華やかになる効果もありますし、切手収集をする人にとっても需要が高いものなので、人気も根強いため、高値で買い取られることも多いです。


「切手を買取に出したい」という場合、これまでは主な方法は、売りたいと思っている切手を直にお店へ持ち込む、店頭での買い取りが殆どでしたが、ここ数年では買取のために出張や宅配に応じる業者も少なくありません。


売るつもりの切手はあるが大量だという場合、店先まで赴くのは面倒です。


それだけでなく、店から離れたところにお住まいの方は要する時間であったり交通費であったりを省くためにも出張や宅配での買取を頼んだ方がいいでしょう。


書き損じた葉書の交換は、誰でも行ったことがあるでしょう。


そのとき葉書でなく切手に交換するのがミソです。


買い取りを考えるなら、切手買取専門店に持ち込めるように1シートの枚数を考え、シートになるようにして交換するのが重要です。


同じ切手でも、業?によって買取価格が異なることに注意してください。


がんばって何軒かの業者に見積をしてもらい、買取価格が最高だったお店に売却すると良いでしょう。


もしも、切手を買い取ってもらおうと思う場合、記念切手や海外の切手のような珍しいものでなくても構いません。


一般の切手も買い取られており、逆に、他の切手よりレートが高い場合もあります。


特に、切手の元々の値段が1000円、もしくは、82円の日常的によく使われる切手シートは、ビジネスの世界においてはよく売れます。


消費税が上がったりしてしまうと、通常必要とされる切手の値段も上がってしまうため、普通切手の場合は新しいものほど高価買取が可能です。


レアな切手や、各種付加価値ありの切手は、専門業者に買い取ってもらおうとしてもたとえ使用済みの切手であっても、保管状態がいいか悪いかで買取価格が大きく変わるのはいうまでもありません。


それならば、入手したときの状態を保って相場に見合った、あるいはそれ以上の値段で手持ちの切手を売ることをねらうのなら、いつも切手の保存状態には十分工夫して、いい状態を維持しましょう。


18:42

次n→ 





w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++