困らない切手買取術


[記事を書く]
[月別]
[更新アラート]
2017年10月22日(日)
【大体のケースではその切手の状態の如何により本来の切手】
大体のケースではその切手の状態の如何により本来の切手の額面からいくらか引かれた金額が切手の買取価格となります。


しかし例外もあり、収集家にとって価値のある切手なら、切手料金を超える価格となることもあります。


切手を売るつもりだが価値が判断できないという時にはインターネットを参考にするか、価値判断を切手買取業者に委ねましょう。


なるべく高値で切手を売るには、金券ショップのようなところではなくて、専門の買取業者を選択するということが、大切です。


選ぶコツはウェブ上で口コミを見てみて、良い業者を数カ所選択して、個々の業者へ査定を申し込み、つけた額が高かった業者に決定することをおすすめします。


亡くなった父が集めては、飽きず眺めていた結構な枚数の切手がありますがうちに置いておくより、処分した方がいいと思います。


一枚単位の切手も多いため全てまとめて売却できればそこへ売りたいと思っています。


保管状態はいいと思いますので父がきれいにとっておいた切手を、大事にしてくれる方にぜひ見てもらいたいと思います。


思えば、多彩な切手を集めていたのですね。


梅雨というとカビが心配ですよね。


ラッキーなことに今年は被害も少なく掃除が終われるかと思っていたら、父の生きていた時に集めていたバラの切手やシート切手、記念切手等、数冊のいろいろな種類の切手アルバムが出てきたんです。


見かけ上、傷みはないようですが、このままうちで保管をつづけたとしても質が落ちてしまいそうな気がします。


近々、買取に出したとしても許してもらえるタイミングになったのでしょうか。


お年玉付き年賀はがきの4等が当たるのは毎年のことで、使うことがなく、貯まっていくばかりでした。


はがきの他には電子メールで用件が済んでおり、私製はがきや封書は出さないのでこのままでは使わない切手が増えるばかりだと気づきました。


身近に金券ショップがあり、休みの日に、使わない切手を全部持って行きました。


サインと身分証明書の提示は必要でしたが、郵便局ではがきに換えるよりはいいお金になったのでラッキーと思いました。


11:48
2017年10月21日(土)
【皆さんグリーティング切手を知っていますか?こ】
皆さんグリーティング切手を知っていますか?これは、キャラクターの載っているものや特別な装飾がされているような切手のことを言います。


形状についても一般の切手とは違い、多種多様です。


郵便物がこれの存在で華やかになる演出を施してくれる効果もあって切手収集家の人にとっては価値があるものでもあるので人気ですので、高い値段での買取というものもあり得ます。


切手というものはコレクションとしてほしがる人が多いということを発行者側は重々承知しており、切手それ自体には発行の際のコストは高くはないので何らかの記念切手が発行されることは多いです。


その様な記念切手は高く買い取られるケースもありますが単に記念切手というだけで、簡単に手に入るものは買取価格が高くなることはあまりないでしょう。


過度な期待はせず、査定を受けましょう。


額面プラスアルファの価値がありそうな切手の場合、手元に置くより現金化したいとしたら査定の時には現状を見られて買取価格が大きく変わるのはいうまでもありません。


それならば、入手したときの状態を保って精一杯の値段でプレミアムな切手を売ることに挑戦するならば、切手がいい状態で保管されているか、業者目線で気配りを欠かさないでください。


「切手を売りたいなあ」と思い立った時は、真っ先に買取業者についてリサーチして、高く買取してもらえそうな業者を探すのがうまいやり方です。


そこで便利なのは口コミサイトを使うことです。


本当に利用した感想が残っているので業者選択の際の一助となるます。


それだけではなく、本当に信じていい業者なのかどうかについての大切な情報の一つにもなるため複数のページで比較検討してみるのがいいと思います。


「さあ切手を買い取ってもらおう」という時、方法は切手買取業者へ直接出向いていく方法だけではなく「宅配買取」してもらう方法もあります。


その時、送料無料になったり、梱包材まで用意してくれる買取業者も多くあります。


ただ、売る切手が一定量以上ないと前述の方法は該当しない可能性もあるので気を付けなければなりません。


11:30
2017年10月20日(金)
【紙製の切手は結構、取扱いの際に注意す】
紙製の切手は結構、取扱いの際に注意する必要があるものです。


殊に熱や湿気に影響されやすいので高い値段で買い取ってもらうためにも、保存状態には十分配慮しましょう。


ストックリーフ、あるいはストックブックのようなものを使い、日が当たらないところに保管しておきましょう。


ジメジメした部屋も避けましょう。


レアな切手や、各種付加価値ありの切手は、それを売りたいと思ったとき、同じものでも、状態の良し悪しをみて買取価格が大きく変わるのはいうまでもありません。


それを念頭に置き、今の状態をキープしながら有利に交渉してマニアの間で価値があると思われる切手を買い取ってもらおうとすれば売るときまで、切手の保管状況に気を配ることを忘れないでください。


保存状態が良好な古い記念切手等の場合、考えられない値段が買取の際につくことがあるようです。


そういった希少価値の高い切手では、一番最初に鑑定買取をお勧めします。


お店はもちろんですが、ウェブを利用することもできて、価格を出してもらってから、売ろうか売るまいか選択することが出来ると思います。


切手を買取してもらいたいという場合には店頭買取と、ネットを通して行うものがあります。


店頭に直接赴く場合、移動時間や待ち時間が発生しますが、すぐに売れるという利点があります。


けれども、買取額には、業者間で差がありますのでできるだけ高価格で売りたければ、インターネットを使いましょう。


切手を買い取ってほしい時、高く売れるのはバラではなくシートとして買い取ってもらった場合です。


そうでなくとも、万が一、数があるにはあるけどバラの切手ばかり、というあなた、少しでもレートを上げるためにできることがあります。


なんだと思いますか?それは、台紙に貼りつける、という方法です!どういう風に貼ればよいかというと、まず、同じ額面の切手を50枚とA3サイズの紙(A4二枚貼り合わせでも可)を用意します。


それを縦5行、横10列になるように貼り付けるのです。


レートを上げるにはこういったことが必要で、この場合は10%ほど高くなることもあるくらいですので、覚えていればいつか役立つでしょう。


10:24
2017年10月19日(木)
【切手を売るときは出来るだけ高く売りたい】
切手を売るときは出来るだけ高く売りたいですよね。


そんな時には、金券ショップのようなところに買い取ってもらうのではなく、専門の買取業者を選択するということが、大切です。


選ぶコツはネットでの評判を考慮して評判のいいお店を何カ所かセレクトし、個々の業者へ査定を申し込み、高額となった業者に決定する方法がお勧めです。


今後、使わないであろう切手を売却したいという人も少なくないでしょう。


その時は買取専門業者へ送付し査定をしてもらうという手段もあるのです。


使わないで保管しておくより、買取を依頼しましょう。


予想外に高価格で買い取ってもらえる場合もあります。


試してみるといいと思います。


一般的な切手買取業者においては、通称プレミア切手という切手の買取の受け入れも行っています。


プレミア切手というのは、切手の中でも、明治・大正・昭和戦前戦後の頃のものをそう呼び、有名なのは、「見返り美人」や「月に雁」というようなものです。


なかなかないものなので、たとえシートでなくバラだったとしても買取価格が高くなる可能性もないとは言えません。


「使い終わった切手に値段なんてつかない」と想像している人もいるでしょうが、案外、予想外の結果になるかもしれません。


とりわけ、古くても保存の状態が良好でマニアにはたまらない一枚であったりするともし使ってしまった切手だったとしても、売れることがあります。


もしもあなたの自宅にそんな切手があれば、まずは切手買取業者に連絡をしてみることをお勧めします。


中国切手が今高く買い取られていることを知っていますか。


何故かというと、切手の人気が中国の人達の中で高いということが背景にあると考えられます。


ですが、高い買取価格となるかもしれないものは、切手の中でも一部に限られ、文化大革命時代の切手などはそれに当てはまります。


さらに、切手を買い取ると謳っている業者であっても、外国切手の買取は行っていないという場合もあるので確かめておきましょう。


09:48
2017年10月18日(水)
【「使い終わった切手に値段なんてつかない」】
「使い終わった切手に値段なんてつかない」と諦めている人もいるかもしれないですが本当はそうではないかもしれなせん。


とりわけ、古くても保存の状態が良好で集めている人にとっては魅力的なものだった場合、もし使ってしまった切手だったとしても、買取してもらえる可能性もあります。


もしも家の中に心当たりのある切手があるのであれば、試しに切手買取業者に相談してみてください。


切手のような多数収集することが多いものは、そうやって収集したものをいっぺんに業者にお店で買取査定してもらうとすると、その分、査定に時間を要するので待ち時間が長くなることがあります。


それに比べて、ウェブ上で切手の査定をしてもらうことは、家から出ることなくいつでも手軽に手続きが出来て、とても役立つ方法です。


知らない人はいないと思いますが、切手はあらかじめ、ふつう、郵便物に使う形にバラされて一枚ごとになってはいないのです。


初めはその様な切手が数枚まとまった、切手シートとして作られます。


切手を買い取ってもらう時、切手シートの形であっても買取は可能で一枚ずつの切手での買取と比べ買取価格が高くなることがよくあります。


何かしら物を買取に出す場合に気を付けることは、どのような状態で保管してあったのかが大事になってくるということです。


このことは切手の買取の場合にも言えることで色が褪せているものや破れているものは評価が下がります。


珍しい切手であった場合には、欲しがる収集家も多数いるでしょう。


あなたが興味を持っていないのなら、丁寧に扱わなくなることが多いですが、大切に取り扱うようにした方がいいでしょう。


使い道のない切手を多数の人が売ってしまいたいと思います。


その様な時には直接行くのでなく買取業者に郵送し査定を受けるという手法もあります。


使い道がなければ買い取ってもらいましょう。


思っていたよりも高く売れるかもしれません。


やってみる価値はあると思います。


08:24
2017年10月17日(火)
【切手の現金買取先を検討している】
切手の現金買取先を検討している方、切手を専門に取り扱う業者を訪ねるのが高く売れる可能性が大です。


何といっても切手に対する商品知識は豊富ですし、レアな切手もその価値を評価してくれます。


切手の買取は金券ショップや、他の買取業?でもできますが多くの業者は切手の専門知識や売却ルートを持っておらず、額面はいくらか、保管状態はいいかだけを見て見積もりを出してくるわけで価値のある切手でも、他のものと同じ価格でしか売れません。


切手を業者に売るときにはいわゆる切手シートとして纏まっていないとだめだろうとあきらめている人もいるかもしれませんがバラバラになっている切手でも買い取ってもらえます。


しかし、大体切手シートと比較して買取価格が安くなります。


万が一、汚れていたり、あるいは糊が落ちている状態であると、余計に買取の際に支払われる額が安くなることがあります。


周知のとおり、切手というのは初めから通常郵便物に貼り付けるような形状にバラされて一枚ごとになってはいないのです。


元は何枚かの切手がまとまった状態のいわゆる「切手シート」として印刷されます。


切手を買取に出すときには当然、切手シートになっている状態でも買取可能で、バラ切手での買取よりも高値での買取になりやすいです。


切手コレクションの形見が見つかったり、使い道のない切手が余っている場合、切手を買い取ってもらおうかなと思う人もいるでしょう。


そんな時に、大事なことは、買取業者をどうやって選ぶか、です。


普段から集めていますという場合を除いては、分かるという人は少ないでしょうから、切手の買取がどのようになされてきたかの結果や世間の評判はどうなのかも判断基準に入れ、業者選択を進めていきましょう。


切手を買い取ってもらう時、注意しておかなければならないのは悪徳業者を上手に避けるということですね。


悪徳業者はこちらの知識不足を上手く利用して一般に取引される額よりも、買取額をかなり低く提示してきます。


完璧に見抜くことは難しいですが前もっての準備として利用した人の声を調べておけば、うっかり悪徳業者に騙されるということも避けられるでしょう。


07:42
2017年10月16日(月)
【切手は昔からメジャーな趣味の一つ】
切手は昔からメジャーな趣味の一つで、増えはしても減ることなく、保存のいいものは買取時に本来の価格をはるかに超えて価格で売れることも夢ではありません。


切手買取も、業者によって価格はかなり違います。


ですからがんばって最高の値段で切手を売ろうと考える方、あちこちの業者の査定を受けられるようにして、比較検討することをおすすめします。


普通は切手の値段自体はそこまでの高い値段になることは少ないため普通では考えにくい莫大な量の切手を買い取ってもらうという場合でなければ、税金が高くなるということはありません。


ただ、切手の中でも額面以上の高値で買い取られるものもあり、そういったものをいっぺんに売ろうとした場合、予想以上の額になって、税金の申告をする必要が出てくる可能性があります。


「切手を売ろう」と考える場合には、記念切手や海外の切手のような珍しいものでなくても構いません。


普通の切手も買い取り対象で、むしろ、レートがそれ以外の切手より高くなります。


中でも、額面が1000円、または、ごく普通に取り扱われている82円切手シートならば、仕事の場面で高い需要があります。


消費税増税により、必要となる切手料金も上がるので、普通切手の場合は新しいものほど高価買取が可能です。


切手の中でも、「もう使わないだろうなあ」と思うようなものは買い取ってもらいたい場合もあると思います。


その時は買取のお店に送って査定を受けるという手法もあります。


活用されていないなら売ってしまうといいと思います。


思いがけず高値の物があるかもしれません。


一度トライしてみてください。


銀行では破損した紙幣を交換してもらうことが出来るというのはよく知られていますが、では、切手の破損はどう扱われるのでしょう。


破れた切手の交換というものは行われていません。


では、破れた切手は使えないのでしょうか。


あんまりひどい場合は無理でしょうが、ごく少しだけの破損で十分に額面が見えるような切手であれば、そのまま使用可能でしょう。


ただし切手買取業者に買取をしてもらうということは難しいでしょう。


07:12
2017年10月15日(日)
【不要な切手をシートで持っているなら切手を】
不要な切手をシートで持っているなら切手を専門に取り扱う業者を訪ねるのがおそらく一番高く売れるでしょう。


何といっても切手に対する商品知識は豊富ですし、レアな切手もその価値を評価してくれます。


切手の買取は多くの買取業者で行っていますが多くの業者は切手の専門知識や売却ルートを持っておらず、評価するのは額面と現況が良いかだけで買い取るのが普通なのでレアな切手を持ち込んでも、きちんと評価してもらえません。


普通、切手の買取と言えば、主な方法は、売りたいと思っている切手を直にお店へ持ち込む、店頭での買い取りが殆どでしたが、近年はニーズに応えて買取の際の出張や、宅配も行う業者もよくあります。


買い取ってもらいたいような切手が多数あるとき、店に持っていくだけでも大変です。


加えて、家から店が遠いという人は交通費をかけて長時間かけて来られるよりも、出張や宅配での買取を頼んだ方がいいでしょう。


紙幣が破れてしまった時には、銀行で交換できるというのはよく知られた話ですが、それならば切手が破れたらどうすればいいのでしょう。


郵便局では、破れてしまった切手を交換するということはしていません。


そうであれば、破れてしまった切手は使うことが出来ないかというと、破れ方が極端な場合は使えませんが、ごく少しだけの破損で十分に額面が見えるような切手であれば、ちゃんと使えることが多いです。


ただし切手買取業者に買取をしてもらうということは難しいでしょう。


切手の中でも、「もう使わないだろうなあ」と思うようなものは売却したいという人も少なくないでしょう。


そういう時には買取業者に送り査定を依頼する方法も使えます。


もう使わないのなら、売ることをおすすめします。


思っていたよりも高価格で買い取ってもらえる場合もあります。


試してみることをおすすめします。


切手集めが趣味の人も増えはしても減ることなく、買取市場では、意外なものが本来の価格をはるかに超えて金額で買い取ってもらえることもあります。


切手の買取相場は日々変動していますし、業者によって買取価格は変わるので手間を惜しまず高値で切手を売ることをがんばりたいならあちこちの業者の査定を受けられるようにして、買取価格の最高値を調べるのが正解です。


07:06
2017年10月14日(土)
【切手を売却する時、店に直接持ち込む方法と、イ】
切手を売却する時、店に直接持ち込む方法と、インターネットを使った方法があります。


お店に持っていく場合、時間や手間がかかってしまいますがその日のうちに売買成立というメリットがあります。


ですが、業者によって買取額にバラつきがあるので、高い値段で売りたいのなら、インターネットを使いましょう。


通常、一枚の切手の値段がものすごく高い値段になるということはあまりなく通常の範囲の枚数の切手を売った場合、税金の申告が必要になることはありません。


けれども、一口に切手と言っても、額面の値段を超えるような貴重なものも存在し、その様なものをまとめて売った時に予想を上回る値段になって税金の申告をする必要が出てくる場合があります。


何か記念日があると記念品として販売されるなど、切手はそれが扱われる時期によってそれ自体の流通する量も大変な幅で上下します。


それに合わせて、買取の際の値段も大きく変化しますので少しでも高く買い取ってもらいたいのであれば、いつ切手を買取に出すかも大事なポイントです。


切手の中でも、付加価値があるものは、それを売りたいと思ったとき、見た目の状態をチェックされて買取価格に大きく差が出るのは確かです。


そこで、今の状態を維持しながら相場に見合った、あるいはそれ以上の値段で付加価値付き切手を買い取ってもらおうとすれば切手の保管状況はどうなっているか、気を配ることを忘れないでください。


外国の切手は実用的ではないですが、デザインが海外ならではの物であったりすることが多くある程度の人気を集めており、実は集めている人が多い切手だと言えます。


それゆえ、買取を受け付けているお店も、数的には少なくはないのですが、多く出回っているものや、揃っていないコレクションであった時には買い取ってもらえないことはよくあります。


05:18
2017年10月13日(金)
【使用する予定のない切手を多数の】
使用する予定のない切手を多数の人が売ってしまいたいと思います。


そういう時には買取専門業者へ送付しそこで査定をしてもらうというやり方もあります。


使い道がなければ是非売りましょう。


予想外に高く売れるかもしれません。


是非試してみましょう。


レアものなど、ちょっと高く売れそうな切手なら、業?に売ってみようと思うかもしれませんが、見た目の状態をチェックされて買取価格に大きく差が出るのは確かです。


そこで、今の状態を維持しながら精一杯の値段でマニアの間で価値があると思われる切手を手放したいのなら、どのように保管していけば一番いいか、業者目線で気配りを欠かさないでください。


大体の切手の買取においては、一般によく知られているのは店頭に直に持ち込む買取方法が主流でしたが、近年はニーズに応えて買取の際の出張や、宅配も行う業者もよくあります。


売るつもりの切手はあるが大量だという場合、わざわざ店頭に持っていくのは大変です。


そして、ご自宅と店が離れているという方の場合も、時間と交通費を抑える意味でも買取の際、出張してきてくれたり、宅配を利用して買取してくれたりという業者を使わない手はないと思います。


自宅に届けられた郵便物に思いもよらず貼られているのが珍しい切手ということがあります。


そんな時には、切手を買取に出しましょう。


もし消印が押されていても心配はありませんが全く使っていない切手と比べると売れる値段は安くなります。


希少価値の高い切手を持っているのなら、買取に出しましょう。


高価な切手が隠れているかもしれません。


切手というものはコレクションとしてほしがる人が多いということを発行する立場にある人も理解していて切手それ自体には作るのにそんなにコストはかからないため何らかの記念切手が発行されることは多いです。


その類の記念切手というのは高額買取をしてもらえることも多いですが単に記念切手というだけで、簡単に手に入るものは高価格での買取になる可能性は低いです。


期待はせずに査定してもらってください。


04:00

次n→ 






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++