困らない切手買取術


[記事を書く]
[月別]
[更新アラート]
2019年07月21日(日)
【亡くなった方の持っていた切手】
亡くなった方の持っていた切手帳や不要な切手のやり場に困ったら、買取業者に切手を買い取ってもらいたいという時もあるでしょう。


その様な場合に、どういう風にして買取業者をチョイスするかが問題になってきます。


普段から集めていますという場合を除いては、大体の方にとって分からない世界だと思いますから、過去の切手買取の実績がどうなのかや、評判はいかがなものかを考慮しながら、業者選択を進めていきましょう。


もう使わない様な切手を買い取ってもらいたい場合もあると思います。


もしそんなときがあれば買い取ってくれる業者に送ることで査定を受ける、という方法があります。


家にただおいてあるだけであれば売ることをおすすめします。


予想していたよりも高い価値のものがある可能性もあります。


是非試してみましょう。


切手を買いたい人は案外多く、高値がつく切手も出回っています。


買取専門店も各地でその競争は激しく、その将来性も含め、思っているよりも市場のスケールが大きいことを推測できるでしょう。


インターネットの影響はこの業界にも及び、ネットを介して売買することも増え、これから、店舗内外での取引がさらに増えるでしょう。


銀行では破損した紙幣を交換してもらうことが出来るというのはよく知られていますが、ならば切手が破けた時はどうでしょうか。


郵便局の場合は切手が破れても交換などの対応は行っておりません。


そうであれば、破れている切手は果たして使えるのでしょうか。


破れ具合がひどすぎるものはだめですが、ほんの少しの破損ぐらいで、額面の表示がちゃんと確認出来る切手ならそのまま使っても大丈夫でしょう。


でも、買い取ってはもらえないでしょう。


「この切手使ってないけどもういらない」という切手は残っていませんか?もしあれば、おすすめなのは、買取専門業者に買い取ってもらう方法です。


買取額には、業者間で差がありますので「高く売りたい」というのなら第一に、査定依頼を行い、金額を比べることをお勧めします。


それに加えて時期が違うと相場も変化するため買取表などといったものを公開しているホームページで一度チェックしてみてください。


18:36
2019年07月20日(土)
【ほぼすべての切手を買い取る業者ではプレミア切手】
ほぼすべての切手を買い取る業者ではプレミア切手と呼称される切手も買取されています。


プレミア切手とはどのようなものかというと明治、大正、昭和戦前戦後の頃の切手のことで、「見返り美人」であったり、「月に雁」というものであったりが著名です。


とても珍しいものなので、もしもシートではなくてバラの状態であったとしても買取価格が高くなる事も十分あり得ます。


物を買い取ってもらう時に注意すべきポイントとして保存状態が重要だと考えられます。


同じように、切手の買取の際も色が褪せているものや破れているものは買取価格が安くなってしまいますよね。


手に入りにくい切手だった場合にはコレクターの需要もあるかもしれません。


仮に興味がなかった場合だとぞんざいに扱ってしまいやすいですが、取扱いの際には用心した方がベターです。


切手コレクションがかなりの量である時には業者へ直接持ち込むのではなく出張してきてもらい、買い取ってもらうというやり方が、賢明なやり方だと思います。


ここ数年では、切手の買取だけを専門的に行っているという業者も出てきており、出張買取に積極的な会社も増加しています。


出張買取の長所といえば、店まで行かなくて済むことと、時間を気にせずに査定してもらえるという点です。


大抵は、切手は郵便物を送る際に消印を押されて自身の役目を果たすと不要になるものです。


普通はそうですが、そういった古い切手でも、デザインの良さや、レア度によっては、買取の際に高くなることもあります。


もしも、あなたの家にある古い切手の価値が自分では分からないというのなら、査定を古切手の買取を行っている業者に頼んでみましょう。


切手の中でも、付加価値があるものは、業?に売ってみようと思うかもしれませんが、現状が良いか悪いかで当然ながら、買取価格がかなり変わります。


ですから、現状を保って有利に交渉してプレミアムな切手を手放したいのなら、売るときまで、切手の保管状況にチェックを怠らないでください。


17:48
2019年07月19日(金)
【なるべく高値で切手を売るには、金券ショップの】
なるべく高値で切手を売るには、金券ショップのようなところに買い取ってもらうのではなく、専門の買取業者を選択するということが、不可欠です。


上手な選び方としましてはインターネットで口コミを検索し、良い業者を数カ所選択して、めいめいの業者の評価額を比較し、つけた額が高かった業者に決める、ということをおすすめします。


お年玉付き年賀はがきの4等が当たるのは毎年のことで、使うことがなく、貯まっていくばかりでした。


考えてみると、官製はがきを使うことはありますが、後は電子メールで切手を使う用件はないので、切手は使わないままだったのです。


不要な切手は金券ショップで換金できると知って、休みの日に、使わない切手を全部持って行きました。


運転免許証を見せなければなりませんでしたが、使わない切手を引き取ってもらい、お金ももらえたのでこれからも金券ショップを利用しようと思いました。


何かしらの記念日に記念品という形で発売されたり、切手というものは、いつ取り扱われるかによって一枚一枚の市場に出回る量もかなり変わってきます。


それと同時に、買取の際の値段も大きく変化しますのでなるべく高価で買取してもらいたいという場合にはその切手を買い取ってもらうのをいつにするかによっても大切なポイントです。


あなたが切手を業者に売ろうとするとき、高く売れるのはバラではなくシートとして買い取ってもらった場合です。


けれども、仮に、手元にたくさんのバラの切手があるならば、高く買い取ってもらえる方法があります。


台紙に貼付する、というシンプルな方法です。


同じ額面の切手が50枚あればできる方法です。


それらをA3サイズの紙(A4二枚貼り合わせでも可)に縦5行、横10列で貼付します。


それだけです。


これだけのことでレートが変わり、時には10%も上がることもあるため頭の片隅に残しておいてください。


郵便物を受け取ってみると思いもよらず貴重な切手が使ってあることがあるのです。


そういった切手だった場合は業者に売ることをお勧めします。


万が一消印が押印されていたとしても支障はありませんが新品の切手と比較した場合、売れる値段は安くなります。


切手があって、それがもしも価値の高いものであったら、買取に出しましょう。


実は貴重な切手だったなんてこともあるかもしれませんよ。


16:48
2019年07月18日(木)
【大量に集めることが多い切手のようなものの場合】
大量に集めることが多い切手のようなものの場合、それらすべてを一回でお店で買い取ってもらおうとする時は査定のため時間がかかるので待ち時間が長くなることがあります。


そう考えた場合、ネット上で出来る切手査定は、家から出ることなくいつでも手続きすることが出来るため、有効活用できます。


切手は紙製なので案外、破れたり劣化したりしやすいものです。


殊に熱や湿度の変化に弱く、高い値段で買い取ってもらうためにも、気をつけて保管しなければなりません。


ストックリーフ、またはストックブックのようなものを使って、日の光を避けて保存するようにしてください。


ジメジメした部屋も避けましょう。


業者に切手を買取に出すときには、シートとしてまとまっている切手でなければならないのではと考えている方もいらっしゃいますが切り離してある状態の切手でも買い取ってもらうことはできます。


ですが、往々にして切手シートより買取価格は下がることが多いです。


たとえば、汚れた状態や糊の落ちた状態であった場合にはいっそう買取の価格から引かれてしまうことがあります。


切手コレクションがかなりの量である時にはご自身で業者に行かれるのではなく、出張買取のシステムを使うのが、賢明な方法です。


近頃は、切手買取専門という業者もでき、出張買取という方法も珍しくなくなり、行っている業者も多いです。


出張買取の優れている点というと、わざわざ店まで行かなくてよくなり、時間を気にせずに査定してもらえるという点です。


出来るだけ高額での切手買取を希望されているのであれば、金券ショップのようなところではなくて、切手専門の買取業者を選択することが重要です。


選ぶコツはウェブ上で口コミを見てみて、数社良いと思うところを選び出し、めいめいの業者の評価額を比較し、最も高値を付けたお店に、決めるのがベターです。


16:36
2019年07月17日(水)
【「切手を売りたいなあ」と思い立った時は、真】
「切手を売りたいなあ」と思い立った時は、真っ先によくよく調べて、買取業者の中でも高く買い取りしているところを見つけるのが上手な進め方です。


そこで便利なのは口コミサイトを使うことです。


本当に利用した感想が残っているのでそれを参考にして業者を選ぶことが出来ます。


そして、業者が信用に足るかどうかの参考資料にもなるのでさまざまなサイトに目を通すことがベターです。


使い終わった切手に値がつくはずがないなんて予想されている方が多いかと思いますが実際試してみるとそうではない可能性もあります。


古いものの中でも、状態がよくコレクター界隈では人気の高いものの場合はもし使ってしまった切手だったとしても、買取契約が成立することもあるのです。


もしも家の中に心当たりのある切手があるのであれば、試しに切手買取業者に相談してみてください。


切手は紙製なので実は繊細なものです。


とりわけ、熱や湿気に影響されやすいので高い値段で買い取ってもらうためにも、注意して保管する必要があります。


ストックリーフであったり、ストックブックであったりに入れて、日が当たらないところに保管しておきましょう。


ジメジメした部屋も避けましょう。


普通は一枚一枚の切手の値段というのはそこまで高くはならないので常識では考えられないくらいの量の切手を買い取ってもらったという場合を除けば、税金のことを考慮する必要はありません。


ただし、切手の中でも額面以上の高値で買い取られるものもあり、まとめてそれらを売ろうとすると予想を上回る値段になって税金の申告をする必要が出てくる場合があります。


ほぼすべての切手を買い取る業者ではプレミア切手という呼び名の切手の買取も受け付けています。


念のため、プレミア切手について説明すると、明治と大正、昭和戦前戦後の時代の切手のことを指しており、「見返り美人」であったり、「月に雁」というものであったりが著名です。


なかなかないものなので、もしもシートではなくてバラの状態であったとしても高く買い取られるかもしれません。


14:00
2019年07月16日(火)
【意外に、切手集めを趣味にして】
意外に、切手集めを趣味にしている人が裾野を広げており、保存のいいものは買取時に額面には関係なく高価なプレミアがつくということもあります。


どんな買取でもそうですが、価格は業者によって変わるので合法的に高い値段で自分が持っている切手を買ってほしければいろいろな手段を使って、多くの買取業者の査定を受け一番高値をつけるところを探してください。


大体の切手買取業者は、「プレミア切手」という名前の切手の買取の受け入れも行っています。


「プレミア切手って何?」という人も多いと思います。


これは、明治、大正、昭和戦前戦後の頃の切手のことで、有名なのは、「見返り美人」や「月に雁」というようなものです。


とてもレアなものなのでもしもシートではなくてバラの状態であったとしても買取価格が高くなるかもしれません。


一般的に、切手というと郵便に利用するもので、消印が押印され、使用後は特に要らなくなるものです。


けれども、そういった古い切手でも、デザインが認められたり、珍しいものであると認定された場合は、高値で買い取られるということもあり得ます。


もしも手元にある古切手の価値が不明だというのなら、買取の業者に古い切手の価値を見てもらいましょう。


もし切手を売ろうとする場合、自分でお店に持って行けば即日買い取ってくれるようなお店が多数存在しています。


郵送のように手を煩わせることもなく、さらに、すぐに現金化できるため、急ぎの際には非常にお役にたちます。


目の前で査定をやってもらえるということも、安心できていいと思います。


即日買い取ってもらう場合は本人の確認が出来る書類が必須ですから、運転免許証、健康保険証、パスポートなどは携帯しておきましょう。


不要な切手をシートで持っているならせっかくですから、切手専門の業者に依頼しましょう。


賢明だといえます。


何といっても切手に対する商品知識は豊富ですし、高く売れるものはその価値に見合った買取をします。


切手の買取は金券ショップや、他の買取業?でもできますが切手の専門知識には疑問があり、評価するのは額面と現況が良いかだけで見積もりを出してくるわけでとてももったいないことになってしまいます。


13:06
2019年07月15日(月)
【梅雨時になると心配なのがカビです】
梅雨時になると心配なのがカビです。


今年は運よくあまり被害を受けず、掃除が終われるかと思ったら父が生前にこまめに整理整頓していた切手シートやバラ切手、記念切手類を含めた多種の切手アルバムの束を発見しました。


見た目は特に傷みは感じませんが、このまま継続してうちに置いていても劣化が心配です。


近々、買取に出してしまってもいい時期でしょうかね。


未使用の切手でなければ買取されないと予想されている方が多いかと思いますが案外、そうではないかもしれなせん。


中でも、古いもので大切に保管されていた良い状態のもので収集家にとって魅力のあるものなら、もし使ってしまった切手だったとしても、買取に応じてもらえる場合があります。


万が一ご自宅にその様な切手が眠っていたら、是非切手の買取業者へ聞いてみましょう。


切手買取において気を付ける必要があることは、悪徳業者の餌食にならないようにするということです。


悪徳業者というものは、専門的な知識がないということに目を付けて、通常の取引額より買取額をかなり低く提示してきます。


完全に見分けるということは困難ですが、あらかじめ心構えとして口コミも調べておけば悪徳な業者を避けるということもきっとできると思います。


大量に集めることが多い切手のようなものの場合、そうして集めたものをまとめて一度に業者にて店頭買取に出した場合はそれだけの量を査定するとなると長時間かかり長々と待つことになる可能性が高いです。


それに比べて、インターネットで切手の査定を受けることは家から出ることなくいつでも出来る方法なので、とても重宝するやり方でしょう。


今、中国の切手の買取の需要が高いって知っていましたか?何故かというと、切手が中国国内で注目を集めているから、ということが考えられます。


ですが、高い買取価格となるかもしれないものは、切手の中でも一部に限られ、文化大革命時代の切手などはそれに当てはまります。


さらに、業者の中には切手は買い取るけれども「外国の切手の場合は買取しませんよ」という業者も存在するため、確認しておくことをおすすめします。


13:06
2019年07月14日(日)
【お住まいに送られてきた郵便物にあっと驚】
お住まいに送られてきた郵便物にあっと驚くような値打ちがある切手が貼ってあることもあります。


そんな時には、切手を買取に出しましょう。


たとえ消印が押してあっても問題はないですが、使われる前の切手に比較して、安く売ることになります。


珍しい切手があれば業者に買い取ってもらってみてください。


驚くほど高値で売れる切手がある可能性もあります。


家に未使用の要らない切手があるのなら、買取してもらうために専門業者に依頼するのが賢いやり方です。


依頼する業者により買い取り金額はまちまちですからより高額で売るためにも第一に、査定依頼を行い、金額を比べることをお勧めします。


それだけではなく、その時々で相場も変化していくのでホームページに買取表が掲載してあるところもありますので確認してみましょう。


お札が破れたら銀行で交換してもらえるというのは知っている人も多いと思いますが、それでは破れてしまった切手の場合はどうなのでしょうか。


郵便局では、破れてしまった切手を交換するということはしていません。


では、破れてしまった切手は使うことが出来ないかというと、破れ方が極端な場合は使えませんが、ちょっと破れたぐらいで、額面がしっかりと確認できる程度の破損の切手であれば、その状態で使えることが多いと思います。


ですが、買い取ってもらうというのは不可能に近いと思われます。


皆さんは切手にどういう意味があるかご存知ですか。


切手は郵便料金をもう払っているということを表すためのもので郵便物として送りたいものに、貼って使うものです。


切手一枚一枚に、様々なデザインのものが売られていて、普通は、一つずつであれば高い値段ではないので楽しくコレクションするのに向いています。


あなたがもし切手を集めることを趣味にしており、要らないような切手があったという場合、買い取ってもらうのもいいと思います。


この切手はいくらで売れるか、額面以外の付加価値を考えたとき切手マーケットの需給バランスがあって値動きが生じ、価格は一定しないと考えてください。


とはいえ、売りたい切手があるときにできる限り切手の価値を高めたいと誰もが考えるわけで現在の切手の買取価格はどうか、相場を調べ続けるか買取業者のところに出向き、査定依頼を何度も出してみるなどと粘ってみるしかありません。


13:06
2019年07月13日(土)
【切手を集めている人は案外増えは】
切手を集めている人は案外増えはしても減ることなく、買取市場では、意外なものが額面の合計を上回る買取金額もしばしば見られます。


切手の買取相場は日々変動していますし、業者によって買取価格は変わるので時間と手間をかけてでも、高値で手持ちの切手を売ろうとすれば、できる限りたくさんの買取業者に持ち込んで比較検討することをおすすめします。


切手を高値で買い取ってもらおうとするならばきれいな状態で汚れていない方がその分、高く売れます。


そういう理由で、良好な保存状態を保ち、切手は取扱いの際にはピンセットを使うなど、保管状態に留意して、取扱いの際も注意しましょう。


常に保存状態に注意して、汚れてしまわないよう留意することが必要です。


郵便料金が変わって使わない切手が出てきました。


金券ショップあたりに持ち込んだらいくらぐらいかと悩んでいます。


額面の合計も結構な金額なのでもしかしたら額面以上の価値もあるかなと、郵便局で引き換えてもらうより高値で売れれば宝くじに当たった気になれるのでどうやって相場を調べたらいいかと思ってます。


使わない額面の切手でも、必要とするところがあるかもしれないし、調べるのは難しいですよね。


まとめて少しでも高くお金に換えたいと思っています。


切手を買い取ってもらおうとするとき注意する必要があることは、中には悪徳な業者もいるということです。


悪徳な業者の場合、こちらがよく知らないということを利用し、一般に取引される額よりも、とても低価格での買取を提案してきます。


完全に見極めるのは困難なことだと思いますが、事前に、口コミも見ておいたら、悪い業者に引っかかりにくくなると思います。


額面以上の値がつく切手は多く、プレミア付きで取引されるものも多いのです。


切手買取を専門に行う業者がたくさんあってその競争は激しく、それを考えても意外なほどの市場の広がりを理解できるのではないでしょうか。


インターネットの影響はこの業界にも及び、取引がネットを通じて行われるのは当たり前となりこれから、店舗内外での取引がさらに増えるでしょう。


11:54
2019年07月12日(金)
【通常の場合、切手は郵便物を送るために使われるも】
通常の場合、切手は郵便物を送るために使われるもので、消印を押され、使用後は特に要らなくなるものです。


ですがそれだけではなく、そういった役目を終えた切手であっても、デザインの良さや、レア度によっては、高価買取してもらえる場合もあります。


もしも手元にある古切手の価値が不明だというのなら、古切手買取業者に査定を申し込んでみるといいと思います。


若い頃から父がずっと集めて楽しんでいた切手帳が残っているのですが、処分の仕方で困っています。


シートでまとまっているものも、そうでないものもあるので全てまとめて売却できればそれがベストだと思います。


保存には気を遣っていたようなので父が好きだった切手を、欲しいと思う方に引き継ぎしたいと思います。


改めて見て、いろいろな切手があると思いました。


亡くなった方の切手帳が遺されていたり、使い道のない切手が余っている場合、買取業者に切手を買い取ってもらいたいという時もあるでしょう。


その際、重要なこと、それは買取業者をいかにして選択するかです。


コレクターなら話は別ですが、一般的に詳しい人は少ない分野だと思いますので、過去の切手買取の実績がどうなのかや、口コミなんかもチェックしてみてどの業者にするかを絞っていくのがいいでしょう。


切手を売りに出すとき、殆どの場合で、切手の元々の金額からいくらか引いた値段で買取が成立することが殆どです。


ところが、さまざまな切手の中にはコレクションとして希少価値のあるものもあって、「予想外に高く売れた!」ということも起こり得ます。


あなたが買取に出す切手の価値は少しは理解しておくことをお勧めします。


きれいに保管されていた古い記念切手などでは、買取価格が思いがけない価格になることもあるのです。


そのような珍しい切手の場合には、第一に鑑定をしている「鑑定買取」がいいと思います。


お店はもちろんですが、ホームページ上でも行うことが出来、値段を教えてもらってから、買い取ってもらうかどうするか決定できると思います。


10:54

次n→ 





w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++