困らない切手買取術

2019年01月12日(土)
【レアな切手や、各種付加価値ありの切】
レアな切手や、各種付加価値ありの切手は、業?に売ってみようと思うかもしれませんが、同じものでも、状態の良し悪しをみて買取価格が大きく変わるのはいうまでもありません。


そこで、今の状態を維持しながら精一杯の値段でプレミアムな切手を売ろうと考えているならいつも切手の保存状態には業者目線で気配りを欠かさないでください。


使わない葉書や書き損じの葉書を郵便局で交換してくれますが、そこで切手と交換すると、買取が有利です。


金券ショップよりも、専門業者で売れるようにするため切手がシートになるよう、枚数を調節して葉書を持ち込んでください。


そうして引き換えた切手も、業?によって買取価格が異なることに注意してください。


手間を惜しまず、専門業者を何軒か訪ね一番感触がよかった業者に買取をお願いしましょう。


通常の場合、一枚の切手の値段が莫大な額になるということはそうないので通常の範囲の枚数の切手を売った場合、税金の心配をする必要はないです。


しかし、一口に切手と言っても、額面の値段を超えるような貴重なものも存在し、まとめてそれらを売ろうとすると驚くほどの価格になって場合によっては税金を申告しなければならなくなることもあります。


集めた切手を買い取ってもらう時に気にかかることというと幾らで買い取られるのかということです。


なかでも人気の切手では高い値段で買い取られることが多いので、一円でも高い値段で切手を買い取ってほしいなら、市場ニーズをきちんと理解したうえで示された買取価格が適切かどうかを見極める必要があります。


一般的な切手買取業者においては、通称プレミア切手という切手の買取も受け付けています。


「プレミア切手って何?」という人も多いと思います。


これは、明治、大正、昭和戦前戦後の頃の切手のことで、よく知られているのは「見返り美人」「月に雁」というものです。


とてもレアなものなのでたとえシートでなくバラだったとしても高価格での買取になる見込みがあります。


05:48






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++