困らない切手買取術

2019年09月11日(水)
【額面プラスアルファの価値がありそうな切手の場合、業?に】
額面プラスアルファの価値がありそうな切手の場合、業?に売ってみようと思うかもしれませんが、現状が良いか悪いかでいくらで買い取ってもらえるかが決まります。


それを念頭に置き、今の状態をキープしながら精一杯の値段で付加価値付き切手を手放したいのなら、切手の保管状況はどうなっているか、業者目線で気配りを欠かさないでください。


今、中国の切手の買取の需要が高いって知っていましたか?理由は何かというと、切手が中国国内で注目を集めているから、ということが考えられます。


ただし、査定額が高くなるかもしれないのは、文化大革命時代の切手など一部のもののみです。


その他にも、切手買取業者のうちでも「外国の切手の場合は買取しませんよ」という業者も存在するため、確認しておくことをおすすめします。


お年玉付き年賀はがきの末等が当たり、いつのまにか枚数が増えていました。


日頃から懸賞などではがきを使いますが、年賀切手を貼るような文書はなく、切手を貯めておいても仕方ないと思いました。


身近に金券ショップがあり、仕事がない日に、不要な切手を買取コーナーに持ちこみました。


運転免許証を見せなければなりませんでしたが、全部換金できたのでこれからも金券ショップを利用しようと思いました。


きれいに保管されていた古い記念切手などでは、買取価格が思いがけない価格になることもあるのです。


そういったレアな切手では、初めに鑑定買取をお勧めします。


店舗だけではなく、ネットを利用することも可能で、買取価格を知った上で、売るか否か選択することが出来ると思います。


亡くなった父が集めては、飽きず眺めていた切手帳が残っているのですが、他の方にお譲りしたいと思っています。


シリーズが揃っているものばかりでもないようですが全部まとめて引き取ってくれるところを見つけられれば大変ありがたいです。


保存には気を遣っていたようなのでこの切手をぜひ欲しいという方に渡せるようにしたいです。


父の切手の趣味が、よくわかりますね。


05:12






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++