困らない切手買取術

2019年09月21日(土)
【たとえバラの切手だったとしても買い取っ】
たとえバラの切手だったとしても買い取ってもらうことが出来るのですね。


私は初めて知りましたが買い取ってもらう時に切手を台紙にどう貼ればいいのかを見てみたところ適当にではなく綺麗に並べていないと受け入れられないみたいでちょっときつそうです。


とはいえ、買取額がより高くなるのは貼りつけてある方であるならば、手間をかけてやってみるのもアリかなと思います。


郵便局で、書き損じた葉書を交換してくれます。


その際、切手と交換すると、買取が有利です。


買い取りを考えるなら、切手買取専門店に持ち込めるように手数料を払ってでも、シートにまとめて引き換えるよう郵便局で引き換えるのがポイントです。


同じ切手の査定でも、買い取り店によっては買取価格が異なることを頭に置いて、手間を惜しまず、専門業者を何軒か訪ね一番高い査定額のお店に買取をお願いしましょう。


知らない人はいないと思いますが、切手というのは初めから通常郵便物に貼り付けるような形状に一枚一枚バラバラに分かれてはいないです。


元々はそういった切手がいくつか纏まった、切手シートという状態で出来上がります。


切手を買い取ってもらう時、もちろん切手シートの形でも買い取ってもらえ、一枚ずつの切手での買取と比べ買取の際に支払われる額が高くなることが多いと思います。


切手は買取に出せますが、多くは、切手料金から数パーセント引いて買い取ってもらう場合が多いです。


時には、切手と言っても収集家にとって魅力的な切手は価値があり、高額で買い取りに至るなんて場合もあります。


あなたが売りたい切手の価値は少しは認識しておいた方がよさそうです。


額面プラスアルファの価値がありそうな切手の場合、手元に置くより現金化したいとしたらたとえ使用済みの切手であっても、保管状態がいいか悪いかで買取価格に大きく差が出るのは確かです。


そこで、今の状態を維持しながら有利に交渉して大事な自分のコレクションを売ることに挑戦するならば、どのように保管していけば一番いいか、十分工夫して、いい状態を維持しましょう。


15:12






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++