困らない切手買取術

2020年05月22日(金)
【バラの切手でも買い取ってもら】
バラの切手でも買い取ってもらうことが出来るのですね。私は詳しくなかったのですが切手を買い取ってもらう時にどうやって台紙に貼りつけたらいいかを調べてみたら、整然と並べる必要があり、そうしなければ認められないらしくちょっときつそうです。



そうは言っても、買い取ってもらう時に貼りついている方が高いという事であれば、せっかくならやってみようかなという気になります。

ご存知と思いますが、切手というのは元々は、通常郵便物に貼り付けるような形状にバラされて一枚ごとになってはいないのです。

元は何枚かの切手がまとまった状態の一枚の切手シートという形で作成されます。

切手を買い取ってもらう時、切手シートの形であっても買取は可能で一枚ずつの切手での買取と比べ買取価格が高くなることがよくあります。


ほぼすべての切手を買い取る業者では「プレミア切手」という名前の切手も買い取っています。「プレミア切手って何?」という人も多いと思います。

これは、明治・大正・昭和戦前戦後の頃に作られた切手のことで、「見返り美人」と「月に雁」が名高いです。大変希少価値のあるものでシートとしてでなくバラであっても高値が付く事も十分あり得ます。使わない葉書や書き損じの葉書を郵便局で交換してくれますが、そこで切手と交換すると、買取が有利です。

ここで一手間かけて、切手買取専門業者に持ち込むためシートになる枚数をためてから交換するのが重要です。


同じ切手でも、業?によって買取価格は結構差がありますから、複数の業者に見てもらい買取価格が一番高かったところで売れば申し分ありません。切手の買取は店頭に持っていくやり方と、ネットを通して可能な方法というものもあるのです。

店に直接出向く場合、時間や手間がかかってしまいますが長所として、行ったその日に買い取り成立となることがあげられます。ですが、依頼する業者により買い取り金額はまちまちですから高値で買い取ってもらいたければ、ネットで調べてみた方がよろしいと思います。


18:00






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++