困らない切手買取術

2017年05月19日(金)
【使わない切手が多くて売りたいのです】
使わない切手が多くて売りたいのですが、価格は相場があるのでしょうか。


額面の合計も結構な金額なのでもしかしたら額面以上の価値もあるかなと、ちょっとしたお金に換えられればちょっとしたボーナスをもらったと思えるのでどうやって相場を調べたらいいかと思ってます。


他の人にとってどれだけ必要なものなのか、業者がみないとわかりませんよね。


換金するなら一日でも早くしたいものです。


郵便局で、書き損じた葉書を交換してくれます。


その際、切手に交換した方が、葉書に換えるより高く売れるのです。


コツとしては、専門の業者に持ち込んだとき高く売れるように1シートの枚数を考え、シートになるようにして交換しましょう。


そうして引き換えた切手も、業?によって買取価格が異なることを頭に置いて、できる限り多くの業者の目を通し一番感触がよかった業者に売却すると良いでしょう。


不要な切手の現金化と言えば切手買取専門の業者に売ると一番いいそうですが、ほとんどの金券ショップでも買い取ってもらえます。


多くの町に金券ショップはあり、買取も販売もしているので初めてでも入りやすいところが多いでしょう。


いつも同じ価格で買い取ってくれるものではなく、お店によって、査定は違っていることも多く、たくさんの店舗に足を運んで買取価格を比較し、決定した方が絶対得です。


不要な切手をシートで持っているならせっかくですから、切手専門の業者に依頼しましょう。


賢明だといえます。


切手の特質をよく理解してくれますし希少価値のあるものを高く売ることも可能です。


切手の買取は多くの買取業者で行っていますが切手の価値をよく知る業者は少なく、額面はいくらか、保管状態はいいかだけを見て価格を決定するしかないので価値のある切手でも、他のものと同じ価格でしか売れません。


紙幣が破れてしまった時には、銀行で交換できるというのはよく知られた話ですが、では、切手の破損はどう扱われるのでしょう。


郵便局は破損切手の対応というものはしていないのです。


そうであれば、破れた切手は使えないのでしょうか。


破れ具合がひどすぎるものはだめですが、ほんの少しの破損ぐらいで、十分に額面が見えるような切手であれば、その状態で使えることが多いと思います。


ですが切手を業者に売ることは不可能に近いです。


19:48






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++