困らない切手買取術

2017年06月19日(月)
【父の長年のコレクションだった大量の切手があるのですが、】
父の長年のコレクションだった大量の切手があるのですが、うちに置いておくより、処分した方がいいと思います。


シートでなく、一枚ものも多いので、買取が一度で済めばそこへ売りたいと思っています。


かなり気を遣って保管していたので父が好きだった切手を、欲しいと思う方に譲れれば嬉しいです。


どれも個性ある切手ばかりですね。


切手の中でも、「もう使わないだろうなあ」と思うようなものは買い取ってもらいたい場合もあると思います。


その時は買取業者に送り査定を受ける、という方法があります。


使わないで保管しておくより、売ってしまうといいと思います。


案外、高額買取されるかもしれないですよ。


やってみる価値はあると思います。


切手収集が趣味だった方の遺留品が残っていたり、使用する機会のない切手がそのままになっていれば、いっそのこと切手を業者に買い取らせようと考える人もいるかもしれません。


そんな時に、買い取ってもらう業者をどのようにして選択したら正解なのかです。


コレクターなら話は別ですが、分かるという人は少ないでしょうから、どのような切手買取の実績があるのかについて、そして、口コミはどうなのかも鑑みて、最終的に業者を決めるといいと思います。


多くの切手買取業者ではプレミア切手と呼称される切手の買取の受け入れも行っています。


プレミア切手というのは、明治と大正、昭和戦前戦後の時代の切手のことを指しており、「見返り美人」であったり、「月に雁」というものであったりが著名です。


大変希少価値のあるものでシートではなくバラになっていたとしても買取価格が高くなるかもしれません。


額面以上の値がつく切手は多く、高値がつく切手も出回っています。


切手買取専門業者も多く、レアな切手を高値で買おうとしておりそれを考えても規模の大きな業界であると知って驚くことでしょう。


インターネットの影響はこの業界にも及び、取引市場がネットを介していっそう拡大し、今後、さらに市場が拡大すると思われます。


11:42






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++