困らない切手買取術

2018年03月14日(水)
【記念日の折に触れて記念品扱いで発売されることもあり切手】
記念日の折に触れて記念品扱いで発売されることもあり切手はそれが扱われる時期によって出回っている切手の量も大変な幅で上下します。


それに合わせて、買取の金額もかなり上下しますので、少しでも高い値段で買い取ってもらうにはどの時点で切手を買い取ってもらうかも大切なポイントです。


決して実用的とは言えない外国切手であっても、日本では見ないような独特のデザインであることから、ある一定の人気があり実は集めている人が多い切手だと言えます。


それゆえ、買い取っている業者もかなりありますが、多く出回っているものや、コレクションしていてもバラバラだった場合などでは認められないこともよくあります。


長年、継続して切手を集めている人にしてみると、買取に出すことは、我が子と別れてしまうような、気持ちになってしまうのかもしれません。


同じように我が子を手離してしまうのならなるべく高額買取が出来る業者を見つけ出すことをおすすめします。


買取される切手にとってもそうされた方が喜んでくれるのではないかと思います。


一般的な切手買取業者においては、「プレミア切手」という名前の切手の買取も受け付けています。


プレミア切手というのは、明治・大正・昭和戦前戦後の頃に作られた切手のことで、有名なのは、「見返り美人」や「月に雁」というようなものです。


大変希少価値のあるものでシートではなくバラになっていたとしても買取価格が高くなるかもしれません。


切手の中でも、付加価値があるものは、できるだけ高く売りたいと思うでしょうが、査定の時には現状を見られて当然ながら、買取価格がかなり変わります。


それならば、入手したときの状態を保って精一杯の値段で付加価値付き切手を売ることに挑戦するならば、切手がいい状態で保管されているか、業者目線で気配りを欠かさないでください。


01:42






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++