困らない切手買取術

2018年07月12日(木)
【旧価格の切手が手元にあり、新料金の切手に交換しよ】
旧価格の切手が手元にあり、新料金の切手に交換しようとするとき、それら二者の差額はもちろんですが、それに加え、別に手数料を支払う必要があります。


10円以上の切手では、手数料は1枚当たり5円かかり、10円未満の切手では、二つを足した額の半分が手数料となります。


もう新しく買ってしまった方が、賢明な場合も多いですし、下手をすると買取業者に売る方がいいということも起こり得ます。


集めた切手の量が膨大な場合には、自分でお店に持っていくよりも、出張してきてもらい、買い取ってもらうというやり方が、賢く買い取ってもらうポイントです。


昨今では、切手の買取だけを専門的に行っているという業者も出てきており、さかんに出張買取を行っている業者も増えています。


出張買取のいいところは、店頭まで行く手間が省けるという点と、時間をかけて丁寧に査定をしてもらえるということです。


レアものなど、ちょっと高く売れそうな切手なら、業?に売ってみようと思うかもしれませんが、たとえ使用済みの切手であっても、保管状態がいいか悪いかで当然ながら、買取価格がかなり変わります。


ですから、現状を保って相場に見合った、あるいはそれ以上の値段でプレミアムな切手を手放したいのなら、どのように保管していけば一番いいか、売る時のことを考え、気を遣ってください。


外国切手というと使い道のないイメージではありますが海外の独特なデザインにより、一部では人気があったりすることも多く、思ったよりもコレクターが多く存在している切手だと言えます。


それゆえ、業者の中でも買取を受け付けているところは多数存在してはいますが、希少価値が高くないものだったり、揃っていないコレクションであった時には買い取ってもらえないことはよくあります。


不要な切手をシートで持っているなら切手専門業者に買い取ってもらうのが高く売れる可能性が大です。


額面だけでなく、切手の価値を見てくれますしレアな切手もその価値を評価してくれます。


切手の買取は多くの買取業者で行っていますが切手に関しては一般的な知識しかない業者が多く、額面はいくらか、保管状態はいいかだけを見て価格を決定するしかないのでとてももったいないことになってしまいます。


23:06






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++