困らない切手買取術

2018年09月14日(金)
【大抵は、切手は郵便物を送るために使われる】
大抵は、切手は郵便物を送るために使われるもので、消印を押され、自身の役目を果たすと不要になるものです。


普通はそうですが、そんな古い切手も、デザインの良さや、レア度によっては、高額買取が実現することもあります。


もしも、あなたの家にある古い切手の価値がどうなのかは不明ならば、買取の業者に古い切手の価値を見てもらいましょう。


使わない葉書や書き損じの葉書を郵便局で交換してくれますが、そこで切手に交換した方が、葉書に換えるより高く売れるのです。


買い取りを考えるなら、切手買取専門店に持ち込めるようにシートになる枚数をためてから郵便局で引き換えるのがポイントです。


同じ切手の査定でも、買い取り店によっては買取価格が異なることを頭に置いて、手間を惜しまず、専門業者を何軒か訪ね買取価格が最高だったお店に売却すると良いでしょう。


切手の中でも、付加価値があるものは、専門業者に買い取ってもらおうとしても現状が良いか悪いかでいくらで買い取ってもらえるかが決まります。


ですから、現状を保って有利に交渉して手持ちの切手を売ることをねらうのなら、売るときまで、切手の保管状況に十分工夫して、いい状態を維持しましょう。


使い終わった切手に値がつくはずがないなんて諦めている人もいるかもしれないですが本当はそうではないかもしれなせん。


とりわけ、古くても保存の状態が良好で収集家にとって魅力のあるものなら、未使用の切手でなくとも、売れることがあります。


もしもあなたの自宅にそんな切手があれば、試しに切手買取業者に相談してみてください。


実際に切手を買い取ってもらうという場合、大体の場合、元々の切手の値段よりいくらか安値で買い取られることになります。


ですが、切手にもいろいろあり、その中にはコレクション的な価値を持つものもあり、高い値段で売れることもあります。


あなたが買取に出す切手の価値はそれなりに認識しておいた方がよさそうです。


23:42






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++