困らない切手買取術

2018年11月09日(金)
【切手コレクションが趣味の人は世界中に年代を】
切手コレクションが趣味の人は世界中に年代を越えて存在し、レアものであれば、買取の時、額面の合計を上回る買取金額もしばしば見られます。


切手の買取相場は日々変動していますし、業者によって買取価格は変わるので手間を惜しまず高値で切手を売ろうと考える方、あちこちの業者の査定を受けられるようにして、買取価格の最高値を調べるのが正解です。


梅雨というとカビが心配ですよね。


今年はラッキーなことに目立った被害もなく掃除が終われそうだと思ったら、父が生きていたころにまめに整理をしていたバラの切手やシート、記念切手等、たくさんの種類の切手アルバムを何冊か見つけ出しました。


見た目は特に傷みは感じませんが、このままうちで保管をつづけたとしても質の低下が心配です。


やがて近いうちに買取に出しても許される時期になったという事でしょうか。


紙幣が破れてしまった時には、銀行で交換できるというのはよく知られた話ですが、ならば切手が破けた時はどうでしょうか。


郵便局の場合は切手が破れても交換などの対応は行っておりません。


そうであれば、切手が破れたらどうしたらいいかというとすごくひどいものは使用不可ですが、ごく少しだけの破損で額面が確認できる切手なら、そのまま使用可能でしょう。


ただ、その切手を買い取ってもらうということは出来ないかもしれません。


切手を可能な限り高値で買い取ってもらいたいという時には、金券ショップのようなところではなくて、専門の買取業者を選択するということが、不可欠です。


選ぶコツはインターネットで口コミを検索し、よさそうな業者をいくつか選びめいめいの業者の評価額を比較し、高額となった業者に決めるというプロセスを踏むのがお勧めです。


レアものなど、ちょっと高く売れそうな切手なら、専門業者に買い取ってもらおうとしても同じものでも、状態の良し悪しをみて買取価格が大きく変わるのはいうまでもありません。


それを念頭に置き、今の状態をキープしながら有利に交渉してマニアの間で価値があると思われる切手を手放したいのなら、どのように保管していけば一番いいか、売る時のことを考え、気を遣ってください。


08:06






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++